カードローンの審査に通りやすい職業は?

失敗しないカードキャッシングとは?|@カードキャッシング
【カードローンの審査に通りやすい職業は?】失敗しないカードキャッシングとは?

審査には職業にあったカードローン商品に申込むことで、グッと審査に通りやすくい条件を引き寄せることができるかもしれません。カードローンの審査に通りやすい職業は?継続的に定収入が得られる職業が有利!審査に通りやすい職業を順番にまとめてみました。

失敗しないカードキャッシングとは? > カードローンの審査に通りやすい職業は?
[PR] 年末年始の前に!!何かとお金がかかりませんか?忘年会、新年会、クリスマス、旅行や帰省…賢いお金のやりくり♪
『クレジットカードが使えない!気づいたら現金が足りない?…と慌ててピンチの事態に…泣。』ですよね★

カードローンの審査に通りやすい職業は?


カードローンの審査に通りやすい職業は? 一般的なカードローン会社は、キャッシングの申込み者の審査をおこなうとき、職業を7つの項目に分けているようです。

さらにその項目の下に詳細ごとに分類して、審査基準としていくといったルールをもっているのです。

申込みがあった場合、この職業別の審査基準から返済能力がある方、社会的な信用をしっかりと見極める第一段階と言えます。

もちろん銀行やカードローン会社により各項目における判断をおこなうポイントは異なるのですいが、大まかなルールとして継続的に収入が得られる職業かどうかの判断をつけているのです。では有利な職業とは何なのでしょうか?
申込者により、「今すぐ借りたい方」・「低金利で借りたい方」など、希望する内容が全く異なるのですが、最終的に審査に通ることを目的としていることは同じですから、職業はその審査に通りやすい線引きをする点で重要なポイントとなっているわけです。

▼ 安心して利用できる♪人気で信頼できる♪大手カードローン会社を利用しよう!

失敗しない低金利カードキャッシングはこちら!
失敗しないカードキャッシング、低金利で人気のカードローンはこちら! >>

■審査に通りやすい職業を順番にまとめてみました。


【1】公務員(学校の先生・警察官・役所務めの方など、国および地方自治体で働いている身分の方。地方公務員・国家公務員。)

【2】正社員(特定の企業や会社で正規雇用されている方・継続的な雇用関係の方。常勤で定年までの雇用期間が定まっていない方。)

【3】契約社員・派遣社員(非正規雇用の方。いわゆる正規雇用以外の雇用期間が定まっている方。)

【4】自営業者(個人事業主。法人を設立せずに個人で事業を行っている方。株式会社や有限会社などの法人組織の経営者はたとえ事業規模が小さくても自営業者とは言わない。)

【5】パート・アルバイト(正社員よりも勤務時間・日数が少ない方で、比例して収入も少なくなる。子育て中のママなどが社会復帰を目指して従事するケースが多い。)
【6】無職(年金暮らしの方=年金も低収入としてみなされる。単に現在仕事に従事していない方も含まれる。)

【7】主婦・学生(主婦の方は、配偶者に収入がある方やパート・アルバイトをしている方。学生は学業以外にパート・アルバイトで生計を立てている方など。)

■では、審査に通りやすい職業は??


本当は、職業による様々な分別があってはいけないのですが、上記にまとめたように返済能力の観点からすると、おのずと審査に通りやすい職業は何なのか?が見えてきます。

◎審査に通りやすい職業【1】公務員


まず、公務員が審査に通りやすいのは、断トツの結果と言えますね。

学校の先生なども職場・PTAなどとストレスが大変多い職業ではありますが、普通に通っていればほぼ解雇(リストラ)はありませんし、収入は定年時まで確定していてさらに退職金までも必ずと言ってよい大きな金額が決まっています。

そんな誰から見ても羨ましい職業である公務員は、貸す側(銀行やカードローン会社)からすると信用のおける最上級の顧客であることは間違いありません。

次なる審査に通りやすい職業は、一般的な特定企業に勤める正社員が挙げられます。公務員は実は階級が決められておりその昇級による収入が定められていますが、しかし会社員はそうではありません、次の項目で見ていきましょう。

◎審査に通りやすい職業【2】正社員


会社員は、そういった点が勤続年数や年齢で決められる年功序列といったルールがあります。年功序列はその企業における独自のルールでありますが、一般社会では「あの方は某会社に何年も勤めているから・・・」という信用を作り上げる目安ともなっています。

このような正社員は、たとえ30歳であっても3年しか勤めていない方よりも、26歳で8年も勤めている方とでは、銀行やカードローン会社も信用の観点で言えば26歳の方が審査に通りやすいような判断をするようです。継続した収入(定収入)の期間が長いことを重視して「この方ならきちんと返済してくれそう!」、実際に会社でも中堅的な仕事をしている役職の名刺などあれば提示すると、さらに審査の際に大変有利に働くと言われています。

また正社員で勤めてい企業(会社)のレベルも関係すると言われています。銀行やカードローン会社は社会的にあらゆる面でも活躍している有名企業や上場会社に勤めていることを優遇するとも言われています。

それは、会社に勤めている正社員の方に貸すお金ですが、その方の根本的な収入源となる企業(会社)の規模や業績、そして評判からも審査に有利に働くことは比例するのは必然的ではないでしょうか。

また正社員でも審査にマイナスな面もあります。それは、今の職業までの失業期間があったり、あなり定職に落ち着くことなく転職が続いている場合、そして先にあったように会社の形態があまりに小規模な会社などの場合です。

◎審査に通りやすい職業【3】契約社員・派遣社員


契約社員や派遣社員は正社員と同じく、勤めている会社(企業)の有名さ(知名度)・大きさ(規模)など社会的信用度にも審査に通りやすさは左右されることとなります。

しかし、正社員ではない契約社員や派遣社員の方、一個人の評価でも審査に大きなプラスに働く点もあります。それは、勤続している契約年数が正社員並みに長いことなどの勤勉性(いわゆる真面目さ)が高く評価されます。

先に述べたような正社員でも転職を繰り返して、中々落ち着いた就業ができない方に比べ、こちらの正社員ではないにしても契約社員や派遣社員の方が、勤めている会社に取っても銀行・カードローン会社にとって重宝される存在であることは言うまでもありませんよね。

◎審査に通りやすい職業【4】自営業


自営業の方は、基本的な評価がそもそも4番目と低いことはなぜなのでしょう?
どうしても収入が不安定なことがマイナスとして挙げられているからです。

しかし、自営業者には規模や知名度により職業の垣根を超えるような方も多く存在します。
それは、弁護士や開業医といった言えば、一流の職業として名高いからです。年収も2,000万円〜3,000万円と言う方もいるのが自営業者の特徴でしょう。

それでも、審査となると弱いのは弁護士や開業医などはホンの一握りで、実際はマイナーの職業である方、年収が低い方のほうが多いのです。

例えば、自営業者の年収が1,000万円あっても500万円ほどの年収しかない正社員の方が審査には有利と判断されるようです。正社員の方の会社がある程度の規模や社会的信用があったとすると、その正社員の方がいきなり無収入0円になることは考えにくいですが、自営業者は明日は収入が0円になる可能性があり得るのです。

簡単に言うと、下請業務であったり、専門職であることから、不景気や評判などから一気に廃業といったケースも十分に考えられるという難しい職業だからです。

◎審査に通りやすい職業【5】パート・アルバイト


パート・アルバイトの方は、審査でお金を借りれる・借りれないが貸付条件として既に明記されている場合が多いですね。カードローン商品の概要を見ると、「パート・アルバイトの方も利用できます。」と解りやすく書かれていますから、ぶっちゃけこうしたカードローン商品に申込むのが手っ取り早く確実性が高いと言えます。

当然、パート・アルバイトの方は年収も低いことから借入できる金額もおのずと少ない設定となりますが、実は職業の方用の30万円・50万円までと枠が既に記載されている場合まであり、その枠の審査には大変通りやすいメリットあります。

こうしたパート・アルバイトに貸付しているカードロー会社や銀行にぜひお申込みください。パート・アルバイトに貸付していない場合、時間ばかりで良い結果が得られないどころか審査に落ちてしまった場合信用情報機関にマイナスの情報登録がされてしまい、次の審査申込みにも通りにくくなることさえ考えられます。

◎審査に通りやすい職業【6】無職


無職の方には、いろんな方がおられますね。単に今は休職中という子育て中のママから、もう仕事も定年となり年金暮らしの方まで、本当に様々ですが現実問題で言えば収入がないと借入はできません。

しかし、年金受給者の方は収入があると判断されて、銀行やカードローン会社でも年金受給者も定収入があるとの判断から貸付条件にも「年齢が満69歳まで利用できます。」または「満70歳の誕生日までに返済できる方。」などと、審査に通ることを示唆してくれている銀行やカードローン会社まであります。

「年金受給者でも借りられる!」という記載をしているところまでありますから、無職の方を利用対象としていない銀行・カードローン会社よりも、無職の方も借りられる枠を既に設けているカードローン商品がやはり話が早いので、ぜひともスムーズな方法で申込みましょう。

◎審査に通りやすい職業【7】主婦・学生


主婦や学生には、専用のカードローン商品があります。
主婦向けや学生向けの小額融資なので、限度額は低くく金利も応じて高いのですが、やはり専用枠が設けれているという点が大きなメリットではないでしょうか。

あらかじめカードローンでキャッシングしよう!と考えた時には、主婦や学生の方は収入がどうしても低いので「おそらく貸してもらえないだろう・・・」という不安が多いとは思ますが、現実はもっと明るく貸付してくれるところはたくさんあります。

まずは、カードローン商品の中でも主婦や学生の方は”実は銀行が借りやすい”のです。
「えっ!?銀行って審査が厳しいのでは・・・」と思われる方が多いのですが、銀行では先のパート・アルバイトの方や無職の方と同様に「主婦や学生の方も利用できます。」と書かれているカードローン商品があります。

そうした銀行カードローンでは、「主婦・学生の方は、30万円まで利用できます。」という限度額の記載までされており、大変借りやすく審査担当者の方も柔軟な対応で知られています。

小額な借入であることや主婦や学生の方が利用対象なので、審査スピードも早く銀行ならではの低金利が期待できますから、自分の希望にあったピッタリの銀行・カードローン会社を選び申込むことが、もっともよりよい借入ができる方法だと思います。

◎審査に通りやすい職業【まとめ】


カードローンの審査に通りやすい職業は、継続的に定収入が得られる職業が有利という中で、審査に通りやすい職業を順番にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

当然ながら、当ページのような”審査に通りやすい職業”の内容よりも、いやもっとこのような観点の方が解りやすくて良いなどと思われる方もいると思います。主観的にまとめてありますのでどうかご了承ください。

実際に、審査には職業にあったカードローン商品に申込むことで、グッと審査に通りやすくい条件を引き寄せることができるかもしれません。あなたにピッタリのカードローン選びからはじめましょう。

カードローン選びは、ぜひ当サイトを参考にして頂けたら幸いです♪

▼ カードキャッシングって?よくわからない・・・【職業】で不安な方はこちら!

失敗しない低金利カードキャッシングはこちら!
安心して利用できる♪人気で信頼できる♪大手カードローン会社を利用しよう! >>
  更新日:2016年 3月 17日
カードローンの審査に通りやすい職業は?
カードローンの審査に通りやすい年齢は?
カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?
カードローンは自営業者でも申込みできるのか?

サイトマップ利用規約・免責事項プライバシー・ポリシー

【カードローンの審査に通りやすい職業は?】失敗しないカードキャッシングとは?|@カードキャッシング

審査には職業にあったカードローン商品に申込むことで、グッと審査に通りやすくい条件を引き寄せることができるかもしれません。カードローンの審査に通りやすい職業は?継続的に定収入が得られる職業が有利!審査に通りやすい職業を順番にまとめてみました。
-Copyright (C) 【カードローンの審査に通りやすい職業は?】失敗しないカードキャッシングとは?|@カードキャッシング All rights reserved.XML